会社に勤めて組織の一員として生きるか?会社に勤めないで独立して生きていくか?切実な体験から発信していく波乱万丈の中高年の遠吠えブログです。

 

会社は利益を出さなければ衰退してしまう【重要認識】

会社勤めに備えて・・・
会社は利益を出し続ける必要があります。

特に資本が少ない弱小企業では、借金によって成り立つのも普通に考えられます。
会社の一員になったら、まず前提として”利益を出すこと”です。

利益を出し続けて、衰退を招かないように前進をすることが必要不可欠ですね。

さて、利益を出していくためには「売上」が大事になってきます。
会社の売上アップのためには、集客が大きなポイントになります。

集客なくして利益を生み出すことは不可能です。
現時点で利益が出ていたとしても、先を見越した戦略は絶対に必要になります。

会社勤めとともに「利益を生み出す人間」であるか?自己確認もしてみましょう。
関連記事

会社勤めに備えて目標作成が一番重要な2つ半の本質的理由

オフィス
久しぶりに投稿します。
今回のテーマは「目標」です。

さらに「目標」を作成することが重要だといえる2つ半の理由は下記の2点半?です。


1つ:継続
2つ:視覚化

進捗度(半分の理由)




自己啓発本や実際にサラリーマン経験を生かした結果。
強く言えることを発信していきますね。

特に最近、学習している「達成の心理学」(ブライアントレーシー」で一番重要なことと認識できたことです。


目標作成

成功するために絶対に必要なことは「目標作成」です。



別な言い方では、「目標設定」です。
ですが、設定するためには「作成」が不可欠なのです。
目標は可視化して直感で理解できるように「作成」が大事なのです。


では「目標作成」のための2つ半の本質的な理由を説明しましょう。


「継続」

目標が作られていれば、続きます。
目標がなければ、行動が始まりません。
さらに行動が目標に向かって作られていれば、前進していくことになるのです。


「視覚化」

視覚的に目標に近づくことを理解できれば”やる気”が湧いてきます。
会社勤めに備えて、新人から「やる気」を感じられないようでは「愚の骨頂」です。
つまりフレッシュサラリーマンに大事なのはスキルよりも「やる気」が会社を喜ばせます。

ここで視覚化して明解に目標に向かっていきましょう。


最後に・・・
「進捗度」です。

これは半分の理由として、自分で設定するよりも他人やツールで客観的に計測してもらうことが重要です。
なので、自己計画よりも「採点」されるようなニュアンスとして、半分の重要事項としました。

あなたが会社勤めで”現在の立ち位置”を可視化するために重要な「進捗度」は、他人に諮ってもらうこと。
会社勤めに備えて、知っておいて必ず役に立つ重要な2つ半の思考です




関連記事

限界は自分で作っている!外部の情報にブレーキを掛けられるな

外部の情報
自分のことを邪魔する奴は、自分だ!
自分のことを最終的にコントロールできるのは自分しかない!

誰が何と言おうとも、決定して行動するのは自分なのだ。
たとえ、親だろうが妻だろうが、恋人だろうが上司だろうが、友達だろうが、
あなたの行動を最終的に止めることはできない!

できるのは、もっともらしく、あなたの行動に影響を与えることだけなのだ。

このことに気がついていれば、あなたは依存することはできなくなる。、
あなたはもっと自分の行動に自信と責任をもって社会に貢献するべきなのだ。

たとえ、会社に属していなくても、ビジネスをしなければ対価は得られないから。

もっと現実の世の中の仕組みを理解すべきだ。
社会の心理が明解になる購買行動がわかる一冊





関連記事

就職活動で固く内定を勝ち取る面接の仕方

0-09s.jpg
面接は、
就職のための就職活動では・・・
必須となる大事な関門ともいえるでしょう。


面接の結果いかんで、うれしい内定が取れるといっても言いすぎではないほどです。


面接を晴れて成功させ、
就職のための就職活動を達成するためにすべきことは何でしょうね。


新卒採用でも、
ビジネスに関する力がある学生を探す風潮が企業には存在するのです。
就職のための就職を希望する
学生にビジネスで要求される能力や素質があるかが
現代社会では問われるようになってきているのです。


これから就職のための就職活動を行う学生は・・・
どのよう能力を企業が求めているのか掌握しておく必要が大アリですよ。


就職のための就職活動の最初の関門になるのが!
スタンダードな
エントリーシートです。

それには・・・
ビジネススキルが必要です。

キッチリと回答が可能になるように用意をすることが超重要事項です。
面接で話題になることは、
その会社についてどこまで理解しているかの他、
人生についての考え方、
ビジネスに対する態度など、
その人の人物像に迫るような質問のようです。


自己分析や企業研究を十分に行い、
私なりの意見を固めておくことが、
就職のための就職の面接では不可欠なことといえるでしょう。


キッチリとした考えをもっていなければ、
いくら人柄や学歴が優れていても
就職のための就職活動において成功することはできません。


就職のための就職の面接に臨むまえに
私自身の考えや意見をまとめておくことで、
面接時にあわてずにすむでしょう。



関連記事

就職の時の面接の種類と取りこぼしのない対策

0-20s.jpg

限られた時間の中、

他の人も発言するといわれる状況で、

いかに私を面接官にインパクトを与えるかが大切になります。

そのグループの中での一番になれるように気を配ることが大切です。

ファーストインプレッションが、

グループ面接では大切です。


面接会場に入った瞬時から面接官は見ているつもりで行動に気をつけましょう。
面接終了まで、やってはいけないポカをしないように気をつけましょう。


個人面接は、グループ面接と違っちゃって1人で受ける面接になります。
こちらが1人、
面接官が1人から複数といわれるスタイルの場合、

途切れない会話の継続が成り立つといわれることが
個人面接で心がけるべき点といわれることができますね。


企業が求める力のレベルと、
熱意、ビジネスへの価値観が見られます。

過去の行動を聞くことで企業は就仕事した後の行動を予測しています。
就仕事の面接に臨む前には
企業研究をしっかりと行い

企業が求める力を示す過去のエピソードを整理しておきましょう。

関連記事
カテゴリ
ブログの上位を目指す方法
今の順位は?
人気ブログランキングへ

就職・アルバイトランキングへ
絵鳥彰太郎
私が管理人です

絵鳥彰太郎

Author:絵鳥彰太郎
1964年生まれの元東京五輪ベビー。
独学的料理製作者(調理師)
簿記会計学習中
非公開似顔絵マンガフリーライター
音楽活動休止中・・・

最新記事
QRコード
QR
リンク
サラリーマン日記参加中
組織の在り方に疑問を持っている人