会社の幹部はプレゼン力のある人材に弱いのです。
できるだけ多くの人間の前で話すことに
慣れていれば慣れているほど武器になります。



このスキルが備わっているだけで、
業務に関する特質なスキルは時間をかけて
後回しにしてもいいくらいです。



要するに「説得力」=「営業能力」です。




この「説得力」を磨くには、
まずは人前で話をすることに慣れることが大事ですね。

このスキルはどこの仕事にも活かせますので
しっかりとした講師から
基本と要領を学んで習得するのが早ければ早いほど
ライバルたちに差をつけられます。



もしあなたが新商品の
プレゼンや業務報告、新規プロジェクトの紹介などで
プレゼンターに抜擢される可能性があるのならば、




急いでこのスキルを習得し始めたほうがいいですね。


私のように40代になってから
このスキルをもっと早く身につけておきたかったと
感じてしまうほど




絶対に「食いっぱぐれ」のないスキルなんです。


そんな万能なビジネスに役立つスキルを
20代のうちに身につけておけば
ゆくゆくの人生の大きな武器になって
あなたを助けてくれるでしょう!