あなたはどんな消費に対して「損をした」と感じますか?
といっても自分の買ったものが本当に全然役に立たないものだと感じた時の
悔しさってないですよね。
 
 
いいですか?
「購入したものを活かすもゴミにするも購入者次第」
個人差によって損をしたとか得したとか言うけれど
商売そのものが騙し合いです。
心を込めて騙した分が利益になるのです。
 
 
言葉が悪かったですね。
しかし利益を出すためにどのようにすればいいのですか?
商品を仕入れるには、それなりの投資された費用がかかります。
その費用と同等の価値で交換するのであれば力強く言えるし簡単ですよね。
それは商売ではありませんよ。
 
 
商売は、
商品にサービスやブランディング、優越感の提供による価値を販売しているのです。
 
• 人生抜け目なく生きよう
• 絶対私は騙されない
• 怪しい商品は買わない
 
あなたは生まれながらにして騙されていますよ!
まず最初にあなたを騙した人は誰でしょう?
 
あなたの「親」であり「家族」です。
赤ちゃんをあやすとい行動がありますね。
その行動を「こどもだまし」とも言います。
この「こどもだまし」が騙しの基本になるのです。
騙されると騙すにはもっと大きな意味合いが多く含まれているのです。