創造する力は、ないところから生まれる。
ないから考える。
欲しいから考える。
様々なものを試してみる。
 
失敗しても失敗しても
懲りずに創りなおす。
 
失敗に回数制限はないが、
一人の人間には寿命という時間制限がある。
 
もしも自分の生きている間にできなくても
未来で誰かが挑戦してくれるかもしれない。
 
たとえ明日、完成したとしても
それは「完成した」という「幻覚」かもしれない。
 
明後日には、
より良いものが創りだされるかもしれない。
 
ならば
創造している時間を楽しんだほうがいい。
人生というプロセスを楽しめる人間でいてほしい。