ロゴです。kokoroBiz.gif








    人間の欲望というものは実にしたたかだ。

    今の自分に満足をするのは、

    嗜好品と一緒で感じてしまえば終わってしまう。

    比べる対象の人やモノ、事象があってそれを基準に

    「俺はだめだ」

    「あいつはいいな」

    「これくらいのことがなぜできないんだ」

    「俺もあのようになりたい」

    「あんなひどい目にあいたくない」


    とか感情が湧き上がってくるものだ。

    具体的には・・・

    職場でのチームワークの場合

    決められた作業工程をこなしていると

    それぞれに能力格差が生じてくる。

    そのうちそのようなコトを

    勝ち組と負け組

    優等生と劣等生

    出来るやつとおちこぼれ


    とかグループ分けしてしまう。

    やがて自然と対立するようになって

    「出来るやつ」は、ののしり不満をまき散らす。

    そのような時・・・

    出来ないやつ」が存在していてくれるおかげで
    私が「出来るやつ」になれたのだ。

    と感謝の気持ちを持てば、逆に腹も立たなくなるだろう。

    どのような事にも「比較対象」の「」があってこそ

    自分」が秀でて見えるのである。

    世界は広いよ

    井の中の蛙」「反面教師

    いつあなたが「出来るやつ」から
    出来ないやつ」になるかもしれない。

    最後に

    口は災いの元」ですよ。

    お互いに注意して
    しっかりと自分を見つめなおしていきましょう!