やり始めから迷路の中をさまようようなスタート。

誰しもが陥る孤独なゲーム展開。

倒しても倒しても次から次へとあらわれる敵・・・

いい加減にしてくれ!

ここを乗り切らないと

光は見えてこないのだ。