タイトルはわけわかりませんが想像はつくと思います。


世の中、取りこぼしがなくなってきたのです!

もらえるものはきっちりいただく!情報とノウハウだけは次から次へと
あふれ出てくるからお得だと思ったらみんなすぐ実行してしまう。

捨てる神あれば拾う神あり

そんな言葉使えません!
捨てる鈍間がいれば根こそぎみんなで取りにかかる!

まさに飽和状態の世界ですね。

今更基準ですか?
いくらあれば生活って安定するのでしょう。

簡単です。

すべての教育費の無償化!
すべての医療費の無償化!
細かい障害物にこだわっていないで
お医者さんと学校の先生たちが
金のために医療と教育を追求しなければ・・・

最初は問題や矛盾が生じますが、
その部分から連動的に経済が立て直されてゆくと思います。

賛否両論!然り!

これから増えないとわかっている
国内の資産をみんなで意地汚く突っつきあうよりも

大きな改革(昔ならば戦争いくさ)によって

数年後を見越した生活水準値を形成したほうが得策だと思います。

なにせ扶養家族がたくさんいても
学歴・資格に実務経験と年齢と拘束可能時間とかで
採用する企業側の「独り勝ち」状態ですよ!

今の日本の国レベルで価値観の改善をしていかなければ
ますます
貧富の差が広がっていくでしょう!

そのあと待っているのは
暴発です。

その前に何とかしましょうよ!
政治家の皆さん!!!