会社って存続しなければ、そのまま終了してしまいます。
いくらブラックだの鬼だのと文句を言っても、お給料という対価をもらえるのであれば立派な雇用契約が成立しています。

なのに細かい就業規則や労働条件を理論武装で突っ込んで、会社の上司を追い込むようなことをして勝った気になっているとやばいですよ。

会社が体力をなくして、終了してしまったら「転職」ですか?

現在、働いている会社以上に好条件の会社への転職は自ら動いてでは、あり得ないです。
もちろんヘッドハンティングならば話は別ですけどね。


冷静に考えると・・・
従業員の人生を背負う会社って、社員が考える以上に過酷な立場に立たされています。
それを自分中心で文句を言って、権利を主張して会社を困らせている間は三流のビジネスマンですね。
もっと俯瞰して考えてみましょう。

今の損は損じゃない!
今の失敗は成功へのカウントダウン!
だから今のあなたの損は、必ず未来のあなたへの投資になるのです。

損して得取れ!は本当です。
もっと自己啓発はこちらのサイトへ