0-20s.jpg

限られた時間の中、

他の人も発言するといわれる状況で、

いかに私を面接官にインパクトを与えるかが大切になります。

そのグループの中での一番になれるように気を配ることが大切です。

ファーストインプレッションが、

グループ面接では大切です。


面接会場に入った瞬時から面接官は見ているつもりで行動に気をつけましょう。
面接終了まで、やってはいけないポカをしないように気をつけましょう。


個人面接は、グループ面接と違っちゃって1人で受ける面接になります。
こちらが1人、
面接官が1人から複数といわれるスタイルの場合、

途切れない会話の継続が成り立つといわれることが
個人面接で心がけるべき点といわれることができますね。


企業が求める力のレベルと、
熱意、ビジネスへの価値観が見られます。

過去の行動を聞くことで企業は就仕事した後の行動を予測しています。
就仕事の面接に臨む前には
企業研究をしっかりと行い

企業が求める力を示す過去のエピソードを整理しておきましょう。