会社に勤めて組織の一員として生きるか?会社に勤めないで独立して生きていくか?切実な体験から発信していく波乱万丈の中高年の遠吠えブログです。

 

カテゴリー:ネット

★情報社会ゆえに★

ロゴです。kokoroBiz.gif






    昔の尊敬されて崇められる人は、
    自然と「先生」「」と呼ばれて神のように有難がれた。

    そのような人物のプライベートなど現代のように緻密に調査されない。

    本人も有名税なストレスをあまり抱え込まずに済んだ。

    私が神のように崇められた人と指摘するのは、

    僧侶
    医者
    公的機関教育者
    などだ。

    偉人として後世に伝えられている人もこのジャンルの人が多い。
    カリスマ性を兼ね備えて人々をひきつけていたのだろう。



    やはり・・・
    インターネットという情報収集ツールが普及し始めて尚、

    スマートフォンやモバイル端末などで場所も問わずに接続可能になると。

    情報は、質や可否に問わず大量にあふれてしまう。

    専門の研究者も様々な理論で説明しても
    アンチによって叩かれて正当性をあやふやにされてしまう。

    今や何が本物で何が偽物かも判断に困るほどの情報の量なのだ。

    そのような時代に
    僧侶」「医者」「公的教育者」は、
    信憑性に関係なく多大な情報を武器にまず先に「自分自身」を擁護する。

    たとえば
    何か大きな病気になって「病院」に行ったときに
    注射や薬の投与、手術及び輸血などの行為をする前に必ず
    責任逃れ
    のような「同意書」に署名させられる。

    kokosapacy.jpg


    この行為こそが、「自分かわいい」の人間を常識化させて
    責任転換」「発想欠乏」につねがり、崇められなくなる。

    そのようなジャンルの人間に魅力を感じるわけがない。

    KAC2_011.gif


    なぜそのような人間に「高給」を与えるのか?

    確かに「医者」がいなければ「生命」の維持に危険信号がともるだろう。

    だが今の「医者」は、マニュアル重視であり、

    予測できないことに挑戦しない。

    「奇跡」に賭ける輝いた人間は、見かけなくなった。

    魅力を感じなく凡人のような人間に高給を保証するのは如何なものか?



    重箱の隅を突っつく」世の中で

    学歴や肩書が優遇されるより、

    熱い「」を持った人間を活かす工夫をしてもらいたいものだ。

    ISIL_003.gif


    スポンサーサイト



    ★デジタルとアイデア★

    ロゴです。kokoroBiz.gif








      創造する力は、ないところから生まれると思う。
      ないから考える。
      欲しいから考える。
      様々なものを試してみる。

      失敗しても失敗しても
      懲りずに創りなおす。

      失敗に回数制限はないが、
      一人の人間には寿命という時間制限がある。

      もしも自分の生きている間にできなくても
      未来で誰かが挑戦してくれるかもしれない。

      たとえ明日、完成したとしても
      それは「完成した」という「幻覚」かもしれない。

      明後日には、
      より良いものが創りだされるかもしれない。

      ならば
      創造している時間を楽しんだほうがいい。
      人生というプロセスを楽しめる人間でいてほしい。

      やりましょう!

      とにかく実行
      実行してお得に

      僕も登録して3年くらいたちます。
      結構、良心的なサイトです。
      カテゴリ
      ブログの上位を目指す方法
      今の順位は?
      人気ブログランキングへ

      就職・アルバイトランキングへ
      絵鳥彰太郎
      私が管理人です

      絵鳥彰太郎

      Author:絵鳥彰太郎
      1964年生まれの元東京五輪ベビー。
      独学的料理製作者(調理師)
      簿記会計学習中
      非公開似顔絵マンガフリーライター
      音楽活動休止中・・・

      最新記事
      QRコード
      QR
      リンク
      サラリーマン日記参加中
      組織の在り方に疑問を持っている人